山内小児科 TEL 078-412-5007
トップページ 院長紹介 診療時間 予防接種 乳幼児健診 救急 子育て支援 リンク

KNOW-VPD!VPDを知って、子どもを守ろう

KNOW-VPD!VPDを知って、子どもを守ろう
トップページ»  診療の合間に»  手づかみ食べ
手づかみ食べ

赤ちゃんは離乳食が進んでいくと、手づかみで食べたがります。


 それまでは食べ物を噛んで嚥下する(飲み込む)練習の時期で、次に手と口の協調運動の練習の時期に入るのです。初めは食べ物をつかんでむやみに押し込むだけですが、だんだん1回に口に入れる量を調節していき、上手になっていきます。この時期の手と口の動きの協調が、スプーンなどの食具を使う動きの基礎になるのです。


 ともするとスプーンや箸などの食具を早くから使わせることが、発達を促すと思いがちですが、上手においしく食事ができるようになるには、手づかみ食べの時期を十分にとることが大切です。

(昭和大学歯学部 向井美恵)


 手づかみ食べで食べられると、顔も服もテーブルも汚れ放題で、おかあさんは大変ですが、一時のことですので長い目で見てやってください。


山内小児科のご案内
医院名 山内小児科
所在地 〒658-0072 兵庫県神戸市東灘区岡本3丁目5−14
TEL

078-412-5007

予防接種専用メールアドレス yamauchi@yam-shonika.com
診療時間 9:00~12:00 16:00~18:00 (木・土は午前中のみ)
休診日 日曜日・祝日

▲ページトップへ