子どもと絵本

  • HOME
  • 子どもと絵本

ほとんどの子どもたちは絵本が好きです。おとうさん、おかあさん、おじいちゃん、おばあちゃん、どなたでも膝に座らせて絵本を読んであげると、どの子も大喜びです。
気に入った絵本は毎日のように、何度でも繰り返して読んで欲しいと言います。面倒がらずに、また、心を込めて読んであげるといいです。そういう風に読んでもらった絵本は、大人になっても覚えています。

文字に興味が出てくると、自分で文字を拾って声を出して読んでいることがあります。ただし、内容を理解できているわけではありません。文字を読むのに精一杯で、絵本の世界に入っていけません。

「読んで」と言っている時に「字が読めるのだから自分で読みなさい」というのはかわいそうです。自分で読んでも楽しくないのです。本が嫌いになっていくだけです。小学生になっても読んでもらいたがるものです。本の世界を楽しみたいと思っているのです。是非読んであげてください。

絵本はたくさんあります。たくさんあるだけに、「うちの子にはどの絵本がいいのかな」と困ってしまいます。どうしたらいいでしょう。

お子さんと毎日暮らしていると、その子の個性、今その子が興味を持っていることが分かるものです。あるいは「こんな子になって欲しい」というご両親の願いがあります。本屋さんに行くと大体適した絵本が見つかるものです。「いないいない、ばー」をすると大喜びをする時期があります。ズバリ「いないいない、ばー」という赤ちゃん絵本があります。上手に読んであげると大喜びです。ミッフィーの絵本は絵が単純で分かりやすく、お話も面白く、小さいうちから喜びます。「もりのなか」という絵本は単色で地味で、絵も「可愛く」ないのですが、みんな大好きです。「おふろだいすき」という絵本は、見ているだけでも楽しい絵で夢のあるお話で、子どもの世界はこういうものなのだと思わせてくれます。

いきなり本屋さんに行っても簡単には選べません。普段から時間のある時に何度でも本屋さんに行って、たくさん絵本を見ておいてください。いい絵本が見つかります。

よく分からない時は、児童書専門店で相談すれば喜んで相談に乗っていただけます。岡本周辺では、JR摂津本山駅北口東の「ひつじ書房」が専門店でしたが、2017年11月に店が閉じられました。
本屋さんが遠かったり出かける余裕のない方は、絵本を選んで届けてくれる「ブッククラブ」を利用するのもいいと思います。

例えば「童話館ブッククラブ」は月齢・年齢に応じて、いい絵本を定期的に届けてくれます。

テレビやビデオも楽しいものです。でも、なんと言っても、絵本を心を込めて読んであげるのは、お子さんの心の発達には欠かせないものです。

赤ちゃんと絵本の初めての出会い福音館書店

山内小児科のご案内

医院名 山内小児科
所在地 〒658-0072
兵庫県神戸市東灘区岡本3丁目5-14
電話番号 078-412-5007
メールアドレス yamauchi@yam-shonika.com

初めての方は、まずこちらをご覧ください。

診療時間 9:00~12:00、16:00~18:00
(木曜日、土曜日は午前中のみ)
休診日 日曜日、祝日